TEARの売上や利益 葬儀社単体としては、日本で一番葬儀を取り扱っている会社です。

年間1万4千件を超える葬儀を請け負っています  

 1997年に創業したTEARは1年目、64件の葬儀しか扱えませんでしたが、10年目で4,000件を超え、現在は直営、フランチャイズを合わせて年間1万4千件を超える葬儀を請負っています。また、創業の地であります名古屋市内のみならず、関西・関東にも「葬儀会館TEAR(ティア)」を100店舗以上展開しています。

 

2005年9月期の経常利益は約2億円、
現在の経常利益は13億円

 2005年9月期、TEARの売上は約36億円、経常利益は約2億円でしたが、2018年9月期、売上は約123億円、経常利益は約13億円で上場来12期連続の増収、7期連続の増益となっています。TEARは会館数200店を中長期目標に掲げ、「日本で一番『ありがとう』と言われる葬儀社」を目指してまいります。