葬儀の手配、ご相談なら24時間365日対応0120-549436

家族葬とは

家族葬について多数のお問い合わせを受けます。
そして、お問い合わせされる方の大半は「家族葬ってどうすればいいの?」「金額は?」と質問されます。

なぜここまで家族葬に興味を持つ方が増えてきたのでしょうか?

近年、医療の発達などにより平均寿命が延び、60歳の子供が80歳代の親の葬儀を執り行うことも珍しくない時代になってきました。
それにより、ご本人の友人や知人関係も少なくなり、子供世代もすでに退職しております。また、会社関係の参列も減り、「大げさな形にしたくない」という気持ちから、ご家族のみで葬儀を行うケ-スが増えてきたことが、大きな理由として挙げられます。

家族葬とはどういう葬儀

家族葬は、少人数の参列による葬儀

家族葬という言葉は、ある葬儀社が規模の小さな家族中心での葬儀という意味合いで使用したのが始まりで、葬儀の「形式」や「宗教形態」を規定するものではありません。そのため、家族葬には明確な定義がなく、ご家族やご親族、親しい友人を中心とした少人数での葬儀の総称として用いられることが多いようです。基本的に必要なことや式の流れについては一般的な葬儀とほぼ同じです。
故人を取巻く環境や背景などにより、参列者を限定し少人数の参列による葬儀を家族葬と言います。
また、家族葬なのでご家族だけで行うものと思われている方も多いのですが、故人の親しい友人など、ご家族以外の故人の死を悲しまれている方々に参列していただいても良いのです。

「家族葬」と「密葬」の違い

家族葬
一般的にいう「家族葬」は、上記にある通り、故人を取巻く環境や背景などにより、結果的に少人数の参列による葬儀を指します。
密葬
「密葬」は家族葬とは大きく違い、「社葬・お別れの会・偲ぶ会」など、一般会葬者のためのセレモニーを行う場合、事前にご遺族・ご親族を中心に葬儀を執り行うことを「密葬」と言います。
「密葬」と一言にいっても、さまざまな規模で執り行われます。
また、密葬の際に「火葬」されるため、後で行われる「社葬・お別れの会・偲ぶ会」は「骨葬」として、お骨の状態で執り行われることが多いです。
ティアが考える家族葬は「感謝葬」
ティアでは、家族葬とは、ただ単に【家族】だけでなく、故人と人生を共にした【親友】、仕事を共にした【仲間】が、「心から感謝の想いで最後を見送りたい」という気持ちを伝えるための儀式だと考えています。
ティアでは、家族葬の真のあり方は、「感謝葬」であると捉え、故人との最後のひとときをあたたかい想い出の場となるよう、お手伝いしています。

ティアサイトのご案内

ティアFC
フランチャイズビジネスのご案内
ティア採用情報
ティア採用情報
モバイルサイト
モバイルサイト
TEAR+(ティアプラス)
TEAR+(ティアプラス)
葬儀会館ティア
東京の葬儀・葬祭・生前見積もり・葬儀場のご案内 株式会社ティア

葬儀会館ティア 関連サイトのご案内

Copyright(C) 2011 TEAR Co.,Ltd. All Rights Reserved.