葬儀の手配、ご相談なら24時間365日対応0120-549436

頼まれたら

受付係を頼まれたら

開式一時間前には会場に到着

喪家側より指示がない限り、身支度を整え開式1時間前には、会場に到着しましょう。
到着後は、喪家に挨拶をし、祭壇へ一礼をします。
駐車場や、焼香所、待合所の位置を確認しましょう。

役割分担の確認

受付係の他に、駐車場係や、案内係、返礼品係など依頼される場合もあります。
葬儀担当者とよく相談をし、役割を決めてください。
また、受付を「一般」や「会社関係」などに区分する場合もありますので、よく相談をして 下さい。

備品の確認

芳名帳や香典帳、事務用品などを確認しましょう。

準備は30分前までに

開式の30分前までには準備を整えましょう。

早めに到着した会葬者の案内

早めに到着した会葬者は、受付を済ませて頂き、待合所へ案内します。

弔電やお供物が届いたら

弔電やお供物、供花が届いたら、速やかに葬儀担当者へ報告して下さい。

会葬者への対応

会葬者は、会場に到着するとまず受付をします。
受付は、その葬儀の窓口的扱いなので、礼を持って接して下さい。
まず一礼をし、会葬者を迎えます。そして芳名帳に記帳をお願いします。
氏名だけでなく、住所、電話番号も記入していただきます。そして香典を受け取ります。
会葬者からのお悔やみの言葉に対しては、「ご丁寧に恐れ入ります」などと返します。
※受付は現金を扱うところなので、ご焼香などで場を離れる際は、十分に注意して下さい。

弔辞を頼まれたら

弔辞を頼まれたら、断らないで引き受けるのが礼儀です。
弔辞は、喪家に保管されるため、丁寧に書くべきですが、心が伝わるように、自分の言葉、文章で書くのが良いでしょう。

弔辞文作成のポイント

  1. 1.亡くなられた事への悲しみを述べる。
  2. 2.故人の業績を称え、人柄を振り返る。
  3. 3.ご遺族を励まし、今後の自身の協力の意向を述べる。
  4. 4.故人の冥福を祈り結びとする。

※忌み言葉「重ねがさね」「度々(たびたび)」「益々(ますます)」「また」、「再び」などは、使わないように気をつけましょう。
厚手の巻紙に書くのが本来ですが、最近では「経本」のように蛇腹折りにすることも多いようです。
奉書でつつみ、表に「弔辞」と書きます。

ティアサイトのご案内

ティアFC
フランチャイズビジネスのご案内
ティア採用情報
ティア採用情報
モバイルサイト
モバイルサイト
TEAR+(ティアプラス)
TEAR+(ティアプラス)
葬儀会館ティア
東京の葬儀・葬祭・生前見積もり・葬儀場のご案内 株式会社ティア

葬儀会館ティア 関連サイトのご案内

Copyright(C) 2011 TEAR Co.,Ltd. All Rights Reserved.