葬儀の手配、ご相談なら24時間365日対応0120-549436

神道葬 〜日本古来の伝統的な葬儀〜

神式の特徴

日本古来の神道の形式で行う葬儀です。

日本古来の神道の形式で行う葬儀で、神社の神職を呼びます。仏式のように線香や焼香は用いず、玉串と呼ばれる榊の枝葉をお供えする「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」を行います。
神道では、死は穢れであるという考えがあるため、神社で葬儀を行うことはありません。葬儀会館か自宅、集会場などを利用するのが一般的です。

神式をご利用いただいたお客様の声

母もほっとしているのではないかと
思います。ありがとうございました。

N 様 (東京都墨田区・男性)

先祖代々、神道を信仰しており、神式でのお葬式をやってくれるところを探していました。お葬式専門の会社なら安心だろうということで、ティアさんにお願いしました。
前日には神式の作法や段取りなどもしっかりと説明していただき、不安なく当日を迎えることができました。祭壇も神道用のものをご用意いただき、スタッフの方の丁寧なサポートもあって、無事にお葬式を終えることができました。母もほっとしているのではないかと思います。ありがとうございました。

神式のよくある質問

神道にも仏教のような戒名はありますか?
神道では、故人様の氏名の後ろに諡名(おくりな)と呼ばれる名前がつけられます。戒名のようにランクはありません。
神道にも法要はありますか?
「霊前祭」といって、葬儀の翌日から十日ごとに霊祭を行います。仏式では四十九日が忌明けとなりますが、神道は死後五十日目が忌明けとなり、五十日祭を行います。
神式と仏式の大きな違いは何ですか?
仏式の葬儀は、故人様を極楽浄土へ送るために行いますが、神道では故人様の御霊を家にとどめ、その家の守護神となってもらうために行います。

ティアサイトのご案内

ティアFC
フランチャイズビジネスのご案内
ティア採用情報
ティア採用情報
モバイルサイト
モバイルサイト
TEAR+(ティアプラス)
TEAR+(ティアプラス)
葬儀会館ティア
東京の葬儀・葬祭・生前見積もり・葬儀場のご案内 株式会社ティア

葬儀会館ティア 関連サイトのご案内

Copyright(C) 2011 TEAR Co.,Ltd. All Rights Reserved.