愛知県豊田市の葬儀場

愛知県豊田市の葬儀ならティアにおまかせください

愛知県豊田市の葬儀場(葬儀会館・斎場)などをご案内します。ティアは、すべての葬儀場で家族葬に対応しています。

豊田市(愛知県)の葬儀場葬儀事情について

豊田市の火葬場事情や葬儀場についても紹介

葬儀に関わる機会は滅多にないからこそ、いざという時どうしたら良いのか分からない方は多いと思います。豊田市で葬儀をする時に気を付ける点や考えた方が良いことなど、あらかじめ把握しておくと安心できますね。 このページでは、豊田市の葬儀事情や火葬場事情、葬儀場一覧まで、詳しく解説します。

豊田市(愛知県)の葬儀事情

豊田市は愛知県のほぼ中央に位置し、人口は約422,000人を誇ります。「クルマのまち」としてよく知られていますが、森林・川や田園など自然の多い都市でもあります。
豊田市へのアクセスは、電車ではJR中央本線で名古屋駅から約1時間。また自動車では東名高速・伊勢湾岸自動車道・東海環状自動車道が走っており周辺都市との利便性は高いです。

様々な風習が入り乱れており、地域によっては火葬を葬儀の前に行う場合や、出棺の前にお膳を食べることもあります。豊田市の葬儀ではどういった風習があるのか、長年住んでいる方でも知らないことは多いと思います。地域に馴染んだ葬儀を行うためには信頼できる葬儀社に確認するなど、落ち着いて対応するようにしましょう。

豊田市周辺の火葬場について

豊田市にお住いの方が亡くなった場合、公営の豊田市古瀬間聖苑を利用するのが一般的です。ここでは豊田市古瀬間聖苑について、特徴や概要を紹介します。

豊田市古瀬間聖苑

豊田市古瀬間聖苑は愛知県豊田市の公営火葬場です。豊田市とみよし市にお住まいの方は市民料金で利用できます。施設内はバリアフリー化されており、ご年配の方や小さなお子様連れでも安心して過ごせます。 アクセスは自動車では名古屋鉄道「豊田市駅」から約15分、東海環状自動車道「豊田松平IC」から約5分です。駐車場は140台設けられています。

豊田市でよく選ばれる葬儀場

葬儀場を決める際には、望んでいる葬儀が実現できるか、参列する方が来やすいかなどを配慮する必要があります。ここでは豊田市で葬儀をする方がよく利用する葬儀場を紹介します。

ティア豊田土橋

ティア豊田土橋は30名収容可能な家族葬専用ホールです。和洋室20畳の親族控室を備え会食室が式場内にあるため、自宅にいるような身近さで大切な方との最後の時間を過ごせます。 アクセスは電車では名鉄三河線「土橋駅」から徒歩約3分です。自動車では東名高速「豊田IC」から約8分で駐車場は16台備えており、自動車で来る方も安心して利用できます。火葬場の「豊田市古瀬間聖苑」へは自動車で約25分です。

ティア豊田中央

ティア豊田中央は30名収容可能な家族葬専用ホールです。家族葬ホールとなっており、親族控室は和室と洋室を併設しているため、身近な方々とゆっくりとした時間を過ごせます。 アクセスは電車では名鉄三河線「豊田市駅」から徒歩約16分です。自動車では東名高速「豊田松田IC」から約20分で駐車場は3台備えています。火葬場の「豊田市古瀬間聖苑」へは自動車で約15分です。

古瀬間斎場

古瀬間斎場は豊田市古瀬間聖苑に併設されている公営斎場です。式場は150名まで収容可能なため、少人数の家族葬から大規模の社葬まで幅広く対応できます。宗旨宗派を問わず利用できますが、音響設備がなく機器の持ち込みも不可なため音楽葬には対応できません。 ゆったりとした敷地内には風情ある庭園が設けてあり、落ち着いた雰囲気の中で葬儀を執り行えます。火葬場が併設されているため葬儀場から火葬場への移動を省くことができ、通夜から火葬まで一連の流れがとてもスムーズです。

豊田市の各種お手続きについて

豊田市にお住まいの方が亡くなった際には、役所での各種手続きが必要です。ここでは「死亡届」、該当する方が申請すれば受け取れる「葬祭費」についてご紹介します。

死亡等の手続きに関して

亡くなった方に関しての手続きで最初に行うのが「死亡届」です。
提出先は「死亡者の本籍地」「届出人の所在地」「死亡したところ」の市区町村役場で、申請時に必要なものは「死亡診断書または死体検案書」「届出人の認印」です。ただし状況によっては必要なものが異なる場合があるため、市民課へ確認した方が良いでしょう。
届出期間は死亡の事実を知った日から7日以内です。

「死亡届」を提出した際に「死体火(埋)葬許可証」が発行されますが、火葬の日時が決まっていない場合には発行できないため注意しましょう。

愛知県豊田市における葬祭費の申請・受給方法

申請時に必要なもの
  • 亡くなった方の保険証
  • 申請者の振込先口座番号
  • 請求書や領収書、会葬礼状など葬祭を行った人(喪主)がわかるもの
  • 申請者の身分確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)

国民健康保険に加入している方が亡くなった際に、葬祭を行った方に葬祭費が支給されます。ただし社会保険から埋葬料の支給を受けられる場合は、葬祭費は支給されません。

なお、葬祭費は葬儀を行った場合に支給されます。そのため、昨今増えつつある「火葬式」「直葬」と呼ばれる火葬のみの対応だと支給されない可能性があります。火葬のみを行った場合は、あらかじめ担当窓口へ確認しましょう。

豊田市での葬儀はティアへおまかせください

大切な方がなくなった悲しみに暮れる中でもしなければならないことがたくさんあり、きちんと対応できるか不安に感じる方も多いと思います。
しかし、自分たちの力だけで何とかする必要はなく、葬儀社に相談し、任せることで負担を軽減できます。そのため、葬儀に関することで迷った際には、しっかりとした知識と経験を持ったプロに頼るのも選択肢の一つでしょう。

ティアでは創業から日々お客様目線に立った「心のサービス」の提供を心がけています。葬儀専門会社としてのノウハウがあるからこそ、ご希望への柔軟な対応が可能です。豊田市での葬儀をご検討の際はぜひ、ティアにご相談ください。

今すぐ無料で相談
24時間365日いつでもご相談を承ります

0120-549452

  • アプリ不要! 自宅で資料を見ながら葬儀相談 オンライン相談受付中!
  • 葬儀費用がお得 「ティアの会」のご案内
  • すぐにわかる!「葬儀費用 見積シミュレーション」