今すぐ無料で相談 24時間365日受付 0120-549452
  • 葬儀場を探す
  • ティアでは、葬儀を行う地域に合わせたプランを用意しております。ご利用予定の地域をご選択ください。

ご香典

「ご参列の方」

表書きや金額は?覚えておきたい香典のマナー

一般的に、葬儀に参列する際にはご遺族に香典をお渡しします。ただし、故人の宗教や故人との間柄などによって表書きや金額などが異なるため、香典を用意する前に確認が必要です。

1. 香典について

香典とは

香典とは、線香・抹香や花の代わりに死者の霊前に供えるもので、現金を不祝儀用の水引を結んだ袋に包んだものを指します。また、香典には葬儀という突然の出費に対してお互いに助け合うという意味もあります。訃報の知らせを受けたら、お通夜または葬儀のいずれかに香典を持参します。

香典の用意

地方や宗教上のしきたりの違いもありますが、訃報を受けたら先方の宗教を確認します。香典を用意し、お通夜か告別式に持参するのが一般的です。訃報直後の弔問には喪家も取り込んでいるため、香典は持って行かないほうが良いでしょう。 遠いところにいて、お通夜や告別式に出席できない場合は、香典をきちんと不祝儀袋に入れてメッセージと共に現金書留で郵送します。金額には特に決まりはなく、地方によっても習慣が違うようです。多ければ良いというものでなく、故人やご遺族とのつき合いの程度や、持参する人の年齢、立場などによります。一般的には5千円から1万円が多いようです。
お札を不祝儀袋に入れ、ふくさなどに包んで持参します。

香典の出し方

香典は故人への弔意を表すもので、ご遺族に対しては、葬儀費用の一部にあててもらうという意味があります。

受付にて

香典は通夜か告別式に持参し、受付に渡します。受付で、「このたびはご愁傷様です」などお悔やみの言葉を述べ、差し出します。ふくさから不祝儀袋を取り出し、手早くふくさをたたみ、その上に不祝儀袋を乗せて差し出します。

必ずといった決まりはありませんが、お通夜と告別式の両方に参列する場合は、お通夜のときに持参するほうが自然でしょう。すでにお通夜で香典を渡したときは告別式にも持参する必要はなく、告別式では記帳だけします。

受付がない場合は、喪主やご遺族、運営責任者などに、お悔やみを述べながら直接渡します。持っていくときは、ふくさに包み、不祝儀袋を正しく向けて差し出します。
香典には新札は使わないとされていますが、もし新札を使用する場合は、折り目をつけてから包むと良いでしょう。
金額は、故人との関係や、社会的な立場によって異なります。金額で迷うなら、同じような立場の人に相談しましょう。

2. 香典金額の目安

お付き合いの程度にもよりますが、自分の気持ちを表すという考え方からすれば、お金よりいたわりの心が大切です。香典は親しい付き合いでなければ、気持ちだけ包むようにして、場合によっては控えても良いでしょう。
香典を出さなくても、真心でご焼香だけさせていただく場合もありますし、告別式には参加しないで、出棺のときだけお見送りすることもできます。

年代別・宛先別香典1回あたりの支払い額
宛先別香典1回あたりの支払額 年間平均支払額
親族 親戚 友人・知人等 仕事関係
全体 59,000円 22,000円 7,000円 8,000円 49,000円
20代 22,000円 9,000円 8,000円 6,000円 14,000円
30代 38,000円 11,000円 5,000円 5,000円 22,000円
40代 57,000円 19,000円 6,000円 6,000円 35,000円
50代 75,000円 21,000円 7,000円 8,000円 58,000円
60代 60,000円 24,000円 8,000円 9,000円 56,000円
70代以上 48,000円 27,000円 8,000円 10,000円 54,000円

出典:「葬儀に関わる費用等調査報告書」 発行:平成14年3月発行 東京都生活文化局消費生活部

この表は、あくまでも平均的な基準です。参考にしていただいて、お気持ちをプラスして考えていただくと良いと思います。ただし、喪家が恐縮してしまうような金額はNGです。常識的な範囲の金額を包むようにしてください。

会社関係・取引先の場合

取引先の重役以上の役職者の葬儀

ビジネスシーン、会社や職場では、会社名(社長名)で香典を出すこともあるため、まずは上司に相談します。金額は取引の程度によって変わりますが一般的には1万円以上です。弔電や供花を手配し、香典は贈らないこともあります。

社葬が行われた場合

社葬のとき…一般的には1〜3万円程度。しかし普段からのおつきあいによって変わります。親しくおつきあいがある会社や、社長同士が長年にわたりおつきあいのある会社、大口の取引先の会社で行われる社葬の場合には、社長名で3〜10万円程度の香典を包むこともあります。
通常は、香典とは別に供花を贈ることが多く、香典+供花の合計で3万円、5万円などとなります。

先方の直接の担当者などの葬儀

ビジネスシーン、会社や職場では、会社名(社長名)で香典を出すこともあるため、まずは上司に相談します。金額は取引の程度や相手の年齢によって変わりますが一般的には3千円以上です。弔電や供花を手配し、香典は贈らないこともあります。

その他

自分の親が亡くなった場合

自分の親が亡くなった場合でも、喪主以外の子供は香典を出します。

祖父・祖母が亡くなった場合

孫の香典について、一般的に両親に扶養されている孫の場合は、両親が香典を出すため孫は香典を出さない、という考え方が多いようです。
社会人になっている孫の場合は、香典は出された方が良いでしょう。他の孫たちとのバランスもありますので、例えば年齢が同世代の孫たちで同じ額ずつ出して「孫一同」という形で香典を包むということもあります。人数が少ない場合には、連名の形で氏名を書きます。
ただし結婚しているお孫さんの場合には、「孫一同」という形ではなく、単独で香典を出した方が良いでしょう。

夫婦でお通夜や葬儀に参列する場合

お通夜や葬儀の場合には夫婦でもひと家族と考えるため、一人のときと同額でも大丈夫です。但し、故人とのおつきあいが深かった場合や、葬儀のあとの会食にも出席する場合には、相応の金額を包みます。

3. ふくさの包み方

最近、スーツの内ポケットからむき出しのままの不祝儀袋や買ったときのビニール袋を利用している人が多く見られます。しかし相手に差し上げるものですから、折ったり汚したりしないように必ずふくさに包んで持参することをおすすめします。紫色のふくさを1つ用意しておけば、慶弔どちらにも使えます。社会人のマナーとして「ふくさ」を手に入れておきましょう。

包み方

  1. 左側につめが来るようにふくさを開いて、中央に香典袋を置く。

  2. 右側を折る。

  3. 下から折り、次に上を重ねる。

  4. 残った左側を折って包み、つめをさして止める。

4. 不祝儀袋の購入

香典袋は、水引が印刷されたものから豪華な水引きがついているものなど、多くの種類が売られています。目安としては、香典金額が5千円くらいまでは水引が印刷されているシンプルなものを使い、1万円以上の場合は実物の水引がかかっているものを選びましょう。

蓮の花が印刷された香典袋も多く見かけますが、これは神式やキリスト式のお葬式では使いません。仏式のときだけ使用するようにしましょう。

5. 不祝儀袋の表書き

表書きの書き方

一般的には、水引きの付いた市販の不祝儀袋を使い、薄墨で表書きをします。 薄墨で書く意味は、「涙で滲んでしまった」という悲しみを表現するためです。
毛筆を使い、楷書で書くのが正式です。毛筆を用意するのが難しい場合は、筆ペンでもかまいません。

昔は各自がお香を持参して仏様にたむけていましたが、現在ではお香料を「香典」という形で包むことになりました。

不祝儀袋の種類

不祝儀袋の表書きは宗教によって異なるので注意しましょう。故人の宗教が分からないときは「御霊前」と書かれると良いでしょう。

仏式の場合

水引は黒と白が一般的、銀と白、黄と白も使われます。表書きは全宗教で使える「御霊前」が最も多いようですが、「御香料」等もあります。「御香奠」とすると、仏式で共通に使えます。ただし、浄土真宗の場合は「御仏前」や「御香料」と書きます。

神式の場合

銀または白黒の水引を使い、表書きは「御霊前」「御玉串料」とします。 他にも「御榊料」「御神饌料」等もあります。

キリスト教の場合

水引は一般的には付けませんが、付けてもかまいません。表書きは、「御霊前」「御花料」「献花料」などと書きます。

香典袋の下段の書き方

下段には、参列者のフルネームを書きます。

夫の出張などで妻が代理で参列する場合には、上の画像の山田太郎内のように、「内」を左下に小さく書き添えます。参列者名簿にも同じように書きます。

ご夫婦揃って参列する場合、夫の氏名だけでも良いのですが、もし夫婦が二人とも故人とのご縁が深かった場合には上記の例のように連名で出します。

会社などで上司の代理で参列する場合には、山田太郎代のように、「代」を左下に小さく書き添えます。参列名簿にも同じように書きます。

法事・法要のときの不祝儀袋のマナー

法事のときには、「御霊前」という表書きは用いません。仏式の場合は「御仏前」「御香料」「御供物料」、神式の場合は「御玉串料」、キリスト教式の場合は「御花料」などの表書きを用います。

裏側の重ね方

下を折ってから上を折り重ね、上部が下向きになるように。裏側の折り返しの中には、数字で小さく金額を記入します。

香典の中包み

中包みを紙の中央に置き、左、右の順にかぶせたあと、最後に上側を下側にかぶせる。

表には何も書かずに、裏側に金額、郵便番号、住所、名前を書きます。旧字体を用いるのが正式ですが、最近では略式(「五千円」など)でも問題ありません。正式に記入された場合は、「一」「二」「三」「千」「万」を「壱」「弐」「参」「阡」「萬」と記入します。略式で金一万円は旧字体では金壱萬円となります。「也」はつけません。
故人が仕事関係の方だった場合は、ご自分の会社名も記入しておきます。ご自分の名刺を内袋の左側に貼っておく方法もあります。

連名で持参するときは

右が目上になります。連名にするのは3名までが良いでしょう。人数が多いときは表書きには「友人一同」などとして、姓名を記した紙を中に入れます。喪家が香典返しで困らないように「香典のお返し等はご無用に願います」と書き添えておくのも親切です。
夫婦連名にする場合、ご主人はフルネームで書き、奥様は名前だけでも構いません。必ず筆ペンかサインペンを使い、丁寧に書きましょう。正式には薄墨で書きます。すべてに共通することですが、ご自分の姓名も忘れずに。中袋に姓名と住所も書き添えておくと、喪家側にとって親切です。

紙幣の枚数は「偶数は避ける」といわれますが、あまりこだわることはないでしょう。ただ4と9は避けたほうが無難です。

お札の入れ方ですが、向きを揃えて、お札の表側(顔が書いてある面)が中袋の裏側になるようにしてください。新札は避けるのがマナーです。
もし、新札しか用意できない場合は、新たに折り目を付けて包みます。

6. 代理人として弔問する場合

喪家に行ったら、代理人であることと、代理で来た事情を簡潔に伝えてお悔やみを述べます。

例)「主人が海外に出張しておりますので、本日は私が代理で参りました。この度は誠にご愁傷様です。お悔やみ申し上げます。本人も大事のときに申し訳ないと申しておりました。」

ご自分も参列する間柄で、あわせて他の方の香典も預かっている場合は、受付で人数分の香典を手渡したあと、自分の名前の他に預かってきた人の名前を、別欄にそれぞれ記帳します。
自分には面識がなく、純粋に代理として参列する場合は、受付で香典を手渡したあとに来られなかった方の名前を記帳します。
またその場合、代理で持参したことを示すために、来られなかった方の名前の下に「代理」(妻の場合は「内」)と書き、その下に自分の名前を小さく記入します。

参考

香典は必ずしもお通夜や告別式当日に渡さなければいけないということはありません。

遠方の場合やどうしても式に参列できない場合などは、何日かあとに香典を持参されても問題ありません。

7. 郵送の場合

遠方に住んでいる場合や、出張などやむを得ない事情でどうしてもお通夜や告別式に参列できない場合には、香典を郵送することもできます。
持参するときと同様に、不祝儀袋に入れてから、現金書留の封筒に入れて喪主宛に送ります。その際、香典だけでなくお悔やみの手紙を書き添えましょう。
手紙の最後は、「なお、心ばかりの香典を同封いたしましたので御霊前にお供えいただきたく存じます。」といった言葉で結び、香典を同封している旨を書き添えておきましょう。

8. 香典返し

一般的に「香典は半返し」といって、香典の半分を返すのが習わしとなっていますが、一家の大黒柱である主人が亡くなった場合は、3分の1返しでも良いとされています。
香典返しは、仏式では忌明け法要(四十九日、宗旨宗派によって三十五日)の1〜2日後に商品が到着することが望ましいと言われています。神式では五十日祭の忌明け後に届くよう手配すると良いでしょう。とはいえ最近では、「即返し」と言ってお通夜や葬儀の当日に香典返しの品物を一律に参列者に渡す方も増えてきました。
なお、1万円以上の香典をお持ちいただいた方には、後日香典返しをされると良いでしょう。感謝の気持ちが伝わります。

即返しのメリット

  • 即返しなら、お返しもれがありません
    お名前だけの不祝儀袋、お礼を伝えたくても伝え先が分からないなど、あとからお困りになることがありません。
  • 即返しなら、葬儀後の手間がかかりません
    香典返しリスト作成のとき、住所・電話番号などの書きもれ、書き間違いを調べるなどの手間がかかりません。

団体から香典をいただいた場合

組合のような団体から香典をいただいた場合、個人の名前が分かっていれば、個々に香典返しをするのが普通です。個々の金額が分からないときは一律に同じものを返します。しかし、個々の金額が少なく香典返しが困難な場合は、代表者宛にグループ全員で使えるものか、全員で等しく分けられるものを贈ります。

9. 香典辞退の葬儀の場合

香典を無理に受け取ってもらえるようせがまず、心を込めて参列するようにします。
どうしても何かしてあげたいときには、次のようにすると良いでしょう。

  • 供花を贈る
  • お供えとして、お菓子や線香などを持参する

もし、式に参列して香典辞退を知った場合は、後日忌明け法要までにお送りしても良いでしょう。