今すぐ無料で相談 24時間365日受付 0120-549452
  • 葬儀場を探す
  • ティアでは、葬儀を行う地域に合わせたプランを用意しております。ご利用予定の地域をご選択ください。

葬儀費用の相場と内訳

葬儀費用の相場とは?
費用の内訳や家族葬との比較、葬儀社ごとの違いを解説

葬儀費用は決して安いものではありません。葬儀形態や規模によって、思った以上に費用がかかってしまうこともあります。また地域によっても風習や施設の違いで葬儀費用に差が生じます。このページでは、葬儀費用の平均相場や内訳、家族葬と一般葬の違いを解説していきます。葬儀費用をおさえる方法も紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

葬儀費用の平均相場とは

葬儀費用の平均相場
190万円前後

日本消費者協会「葬儀についてのアンケート調査」報告書(2017年1月発行)

日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」(2017年1月発行)によると、葬儀費用の相場は190万円前後です。

上記の葬儀費用の平均相場はあくまで目安です。地域や葬儀社によっても大きく異なるので参考程度にご確認ください。

家族葬と一般葬の費用について

一般葬と比較すると、家族葬の費用は低い傾向にあります。しかし家族葬の費用には幅があるということに留意してください。規模をおさえたり、葬儀の流れを簡略化したりするため安くなる傾向にありますが、葬儀社のプランによって費用は大きく異なります。

オプションの追加などをすると家族葬であっても一般葬の平均より高くなることもあります。

葬儀の費用内訳について

葬儀一式費用+飲食接待費+宗教者への謝礼
葬儀の費用内訳
葬儀一式費用 葬儀用具/棺/納棺用品/祭壇費/霊柩車・寝台車/式場料/サービス費用 など
飲食接待費 通夜振る舞い・精進落しの飲食費用/会葬返礼品/香典返し など
宗教者への謝礼 お布施(読経料・戒名料)/御車代/御膳料 など

葬儀費用は「葬儀一式費用」「飲食接待費」「宗教者への謝礼」に分けられます。日本消費者協会「葬儀についてのアンケート」(2017年1月発行)によると、葬儀一式費用の平均は121.4万円、飲食接待費は30.6万円、宗教者の謝礼は47.3万円という結果が報告されています。
しかしこれもあくまで目安です。地域や葬儀社によっても費用は変わるため、あくまで参考程度にご確認ください。

ではそれぞれの費用にはどのような項目が該当するのかについて解説します。

葬儀一式の費用

葬儀一式費用の内訳
葬儀用具/棺/納棺用品/祭壇費/霊柩車・寝台車/式場料/サービス費用 など

葬儀一式費用は、主に「葬祭用具費用」と「サービス費用」の2つに分けられます。
葬祭用具費用はモノにかかる費用です。具体的には、下記のようなものも含まれます。

  • 会館等の施設使用料
  • 位牌
  • 遺影写真
  • 保冷剤

サービス費用とは、納棺・通夜・告別式進行や駐車場警備といった、葬儀に係る人件費です。

飲食接待費

飲食接待費の内訳
通夜振る舞い・精進落しの飲食費用/会葬返礼品/香典返し など

葬儀に参列していただいた方にお出しする料理や香典等に対する返礼品に充てる費用です。
例えば、通夜のあとのお食事をご遺族が参列者にふるまう「通夜振る舞い」の費用はここに含まれます。

大人数の食事を用意するので費用相場は高めですが、この費用は地域によって大きく変動する項目でもあります。例えば関西では通夜のあとの食事は遺族や親戚のみで行われることが多いので、費用相場は低めです。

また遠方から通夜・告別式に参列する方の宿泊費も飲食接待費に該当します。

参列者の人数により変動する飲食接待費の例

項目 金額例
粗供養品 660円×参列者の数
通夜料理 1,870円×親族の数
出立ち/朝食料理 1,870円×親族の数
精進落し料理 4,400円×親族の数
香典返し 11,000円×親族の数 費用はあくまで一例です。

飲食接待費の内訳は人数によって大きく変動します。上記はティアの場合の一例を表にしたものです。

宗教者への謝礼

宗教者への謝礼の内訳
お布施(読経料・戒名料)/御車代/御膳料 など

宗教者への謝礼は読経や戒名に対するお布施、御車代、御膳料などが該当します。
これらはあくまでお礼のため決まった金額はありませんが、相場は存在します。

檀家であれば謝礼について直接住職へ相談しても問題ありません。いくら渡せばいいかわからない場合は確認してみることをおすすめします。

葬儀社間のプラン料金内訳の違いについて

プラン料金に含まれないサービス項目

参考:公正取引委員会事務総局「平成17年7月 葬儀サービスの取引実態に関する
調査報告書

プラン料金にどんな項目が含まれているかは葬儀社によって異なります。上記の表にそれぞれ項目ごとにプラン料金に含まれない割合をまとめています。

プラン料金が安いと感じても、それは飲食接待費など別の形で費用が計上されていることも考えられます。例えば上記の表では料理・飲食物や供花・供物などはほとんどの場合、葬儀一式費用には含まれません。

葬儀一式費用と一口に言っても、その内訳は葬儀社によって異なります。葬儀費用の見積もり比較をする際には、こちらもぜひ参考にしてみてください。

地域によって費用相場が変わる理由

葬儀費用は葬儀形態だけでなく、地域によっても相場が異なります。
これは地域のしきたりや風習によって、葬儀一式費用、飲食接待費、宗教者への謝礼も大きく変動するためです。例えば「通夜振る舞い」自体がない場合は、そこにかかる費用は一切なくなり、その分全体の費用は安くなります。

また都心部は人口に対して公営火葬場が少なく、民間の火葬場を利用する方が多いという事情もあります。この場合は火葬にかかる費用が割高になることもあります。

葬儀の費用をおさえるポイント

葬儀費用は葬儀形態によっても変動しますが、決して安いものではありません。

可能な限り不要な費用は抑え、必要なところに費用をかけたいものです。葬儀費用をおさえるポイントは大きく3つあります。それぞれ以下で詳しく紹介します

葬儀社に生前見積もりをとる

葬儀費用をおさえるためには、葬儀社に生前見積もりを取ることが大切です。プラン、会場、安置日数の選択だけでなく、決めなければいけないことや準備しなければいけないことが多くあるからです。
急な準備の場合、見積もりに関する疑問点を解消できないまま話が進んでしまうこともあります。

一部の葬儀社では残念ながら、見積もりにない追加料金などを別途請求している事例もあり、葬儀後にトラブルへ発展することもあります。あらかじめ葬儀社に見積もりを取り、内容や価格に納得した上で葬儀社を決めるようにしましょう。

ティアでは、変動しやすい飲食接待費といった細かな費用についても見積もりシミュレーションで確認できます。ぜひ、葬儀費用の見積もりにティアの見積もりシミュレーションをご活用ください。

インターネット仲介サービス事業者にではなく、葬儀専門事業者へ直接依頼することも検討する

インターネット仲介サービス事業者とは、葬儀申込があれば提携葬儀社へ紹介し仲介手数料をもらうビジネスモデルの事業者を指します。

仲介手数料が発生するため通常よりも割高になることも多く、同じ価格であっても葬儀専門事業者で葬儀を執り行った方が内容も充実する可能性が高くなります。もし葬儀社から見積もりをとる場合は、ためしに葬儀専門事業者へのご依頼も検討してみてください。

葬儀社の会員制度を利用することも検討する

葬儀社の中には会員価格で葬儀費用が安くなるところもあり、費用をおさえたい場合はこちらを上手に活用することをおすすめします。

ティアの場合、「ティアの会」という会員制度をご用意しています。お住いの地域によって、下記2つの会員制度がご利用いただけます。

  • 中部・関西・関東(東京都を除く)在住の方:「ゴールド会員」
  • 東京都内在住、または都内での葬儀を希望する方:「T会員」

いずれも、入会金をお支払いいただくだけで、会員価格での葬儀プランをご利用いただけます。さらに香典返し等の返礼品も会員価格になるため、大変お得です。

年会費や積立金は不要なため、必要だと思ったタイミングで気軽に入会ができるのも大きなメリットです。ティアの会についてもっと詳しく知りたい方や、入会したいとお考えの方は以下のリンクにて詳細をご案内しています。

ティアの葬儀費用について

基本費用(祭壇、霊柩車やお棺など、葬儀に必要な品目)人数によって変動する金額(料理関係、返礼品など)

ティアの葬儀費用は基本費用(祭壇+葬儀に必要な品目)に参列者の人数によって変動する料理関係や返礼品の金額を加える明確な料金体系をとっています。

ティアでは、葬儀業界の不透明な料金制度を変革するために創業当時から一貫して葬儀費用の明確化を目指しています。「事前相談」や「生前見積もり」を通じて、ご納得いただいたうえで葬儀プランをご案内しますので、ご興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

葬儀費用はお住まいの地域や葬儀社によっても変動します

葬儀費用は規模や地域、葬儀社によっても大きく異なりますが、葬儀専門業者に見積もりを取ると、同じ価格でも葬儀プランが充実する可能性が高くなります。

ためしに葬儀費用について具体的な見積もり金額が知りたい方は、ティアの見積もりシミュレーションをご利用ください。ご利用いただいた中で不明な点などございましたら、ティアへお気軽にお問い合わせください。