今すぐ無料で相談 24時間365日受付 0120-549452
  • 葬儀場を探す
  • ティアでは、葬儀を行う地域に合わせたプランを用意しております。ご利用予定の地域をご選択ください。

家族葬のメリット・デメリット

「家族葬について」

家族葬のメリット・デメリットを知る

家族葬をお考えの方は、まず家族葬の良い点・悪い点をよく理解することが大切です。しかし家族葬の中身は、まだまだ広く知られていないのが現状です。そのため、家族葬を選択したことで後悔された方が少なくありません。
なぜ、家族葬で後悔をしてしまうのでしょうか?
それは家族葬についての知識がなく、安易な考えで行ってしまうからです。
メディアでも「家族葬」という言葉ばかりがクローズアップされ、実際に家族葬というものがどういった形で行われるのか、また、どのような準備が必要なのかまでは紹介されていないのです。

1. 家族葬のメリット

  1. merit

    故人とのお別れの時間をゆっくり過ごすことができます

    ご家族やご親族・関係の深かった友人だけで行う小規模な葬儀ですので、故人とゆっくりお別れの時間を過ごすことができます。

  2. merit

    参列者への対応が軽減されます

    義理で参列される方への対応が少なくなることから、精神的な疲れを軽減することができます。

2. 家族葬のデメリット

  1. demerit

    葬儀後にご不幸を知った方への対応が必要です

    一般葬であれば、参列者に「挨拶」として一度に故人の死去に至る経緯や、参列の御礼などを伝えることができます。しかし家族葬は参列者を限定するため、葬儀後にご不幸を知った方がご自宅へお越しになり、結果的に負担をしいられる可能性があります。

  2. demerit

    ご理解を得なければ、トラブルにつながる場合があります

    ご親族の理解をきちんと得なければ、トラブルに発展する恐れがあります。葬儀のお知らせをご家族や近親者などに限定した場合、連絡がなく参列できなかった方にのちほど苦言を言われるなど、トラブルにつながる場合があります。

  3. demerit

    一般葬より費用負担が大きくなる場合があります

    一般葬であればある程度見込める香典ですが、家族葬では一般の方からの香典がほとんど見込めないため、一般葬より費用負担が大きくなることもあります。