今すぐ無料で相談 24時間365日受付 0120-549452
  • 葬儀場を探す
  • ティアでは、葬儀を行う地域に合わせたプランを用意しております。ご利用予定の地域をご選択ください。

神式葬儀(神葬祭)の流れやマナーについて

「葬儀・葬式のマナー」

神式葬儀(神葬祭)の流れについて
服装マナーや香典(玉串料)についてもご紹介

「仏式葬儀については何となくわかるけど神式葬儀は何が違うの?」そんな疑問が浮かんだことはありませんか? 実際のところ、仏式葬儀と神式葬儀は大きな違いがあります。もし神式葬儀に初めて参列するという場合は、ぜひこのページを参考にしてみてください。神式葬儀の流れとマナーを解説します。

神式葬儀(神葬祭)とは?

神式葬儀(神葬祭)は、日本の宗教のひとつである「神道」の考えに則って執り行われる葬儀です。冥福を祈るために行われる一般的な仏式葬儀と違い、神式葬儀は故人を家の守り神とするという目的で執り行われます。

神式葬儀と仏式葬儀の違い

神式 仏式
  • 死者は神様になる
  • 葬儀は日常を取り戻すための儀式
  • 死者は仏になる(浄土真宗)
  • 葬儀は死者を極楽浄土へ送るための儀式

上記の通り、神式と仏式では死生観や葬儀に対する考え方が異なります。

一般的に仏式における葬儀の目的は、葬儀により死者を極楽浄土へ導くことです。特に浄土真宗では、死者は死後すぐに仏になるという考えのもと執り行われます。

一方、神式葬儀には、穢れを清め不幸が起きない日常の世界へと戻す役割があります。また、先祖崇拝に基づき、故人は神様となり家を守ってくれるという考えで葬儀を執り行うのが特徴です。

神式葬儀の流れとは

ご臨終~納棺 帰幽奉告枕直しの儀納棺の儀
通夜祭~遷霊祭 通夜祭遷霊祭
葬場祭~帰家祭 葬場祭火葬祭帰家祭
神葬式後 五十日祭式年祭

地域慣習の違いにより、葬儀の流れが一部異なる場合がございます。

神葬式の流れを上記の表にまとめました。ただ地域によって大きく異なる場合があります。あくまで一例として参考にしてみてください。

ご臨終~納棺

帰幽奉告(きゆうほうこく)

訃報の後、神棚や神式の仏壇にあたる祖霊舎(それいしゃ)の神様に、故人の死を奉告(ほうこく)することを帰幽奉告(きゆうほうこく)と呼びます。

帰幽奉告の際、神棚や祖霊舎が「死」という穢れを受けないように、扉を閉じて前に神棚封じといわれる白い半紙を貼るのが一般的です。

場合によっては、悪霊から故人を守るとされる守り刀を枕元に置くこともあります。

枕直しの儀

枕直しの儀は、故人に白の小袖を着せ白い布で顔を覆ったうえで、北枕にして安置する儀式を指します。

故人の側には小さな祭壇を設け、仏式の枕飾りと異なり、米や塩、水、故人の生前好きだったものなどをお供えするのが一般的です。

納棺の儀

ご遺体を清めたら、死装束に着替えさせたり、お顔伏せの白い布を被せたりしたうえで、「納棺の儀」を執り行います。

納棺の儀では死装束を着せず、白い布で覆うだけの場合もあります。葬儀社に確認しながら進めると良いでしょう。

納棺後は祭壇にお供え物をし、遺族全員で列拝します。

通夜祭~遷霊祭

通夜祭

通夜祭では、雅楽奏者の演奏とともに、神官が祭詞(さいし)や祭文(さいもん)を奉上します。故人が死後安らかになるように祈り、子孫の家を守ることを願うためのものです。

神官が祭詞や祭文を奉上する間、遺族や参列者は玉串を奉って拝礼する流れが一般的です。

遷霊祭

遷霊(せんれい)祭は御霊移し(みたまうつし)とも呼ばれ、故人の御霊を霊璽(れいじ)にうつすための儀式を指します。霊璽とは、仏教における位牌に当たり、故人を家庭で祀る際の依り代となるものです。

御霊をうつす際は「遷霊詞」(せんれいし)が奏上され、魂が動くとされる夜を再現するため、部屋の明かりが全て消されます。

儀式が終了すると、灯りがつけられた後に、一同が霊璽の前に集まり、米などを供えることがあります。

葬場祭~帰家祭

葬場祭

葬場祭は、仏式における葬儀・告別式にあたるもので、神式葬儀のメインといってもよいでしょう。

葬場祭の流れは主に下記三つで構成されています。

  • 弔辞の奉呈
  • 弔電の奉読
  • 祭詞奏

玉串奉奠について

  • 玉串は神道において尊ばれる「榊」の枝に紙をつけたもの。
  • 自分の心を玉串にのせて神に奉げることで、故人の御霊を慰め故人に手向ける。
  • 仏式葬儀の焼香・キリスト教式葬儀の献花に相当する。

玉串奉奠は、仏式葬儀の焼香と同じく取り扱いマナーがあるため、併せて確認しておくと良いでしょう。

玉串奉奠のやり方
  1. 順番になったら神官から玉串を両手で受け取り、遺族に一礼
  2. 玉串を正面に立てるように持ち、時計回りに回転さる
  3. 根元が祭壇側になるように玉串を置く
  4. 玉串を捧げ二礼し、音を立てずに二拍し、一礼
  5. 数歩下がって、遺族に一礼して戻る

神式葬儀においての「二拍手」では音を立てずに手を合わせる「忍び手」がマナーです。

火葬祭

火葬祭は火葬の前に火葬場で行われる儀式です。神官が祭詞を奏上し、参列者が玉串を奉って故人に最後の別れを告げます。

帰家祭

帰宅後の儀式である「帰家祭」は、塩や手水で清めた後、霊前にて神葬式が終わった旨を奉告します。

神式葬儀後

地域慣習の違いにより、葬儀の流れが一部異なる場合がございます。

神葬式後は、仏式葬儀の法要に当たる「霊祭」や「式年祭」を執り行います。

故人が亡くなってから1年以内に執り行うのが「霊祭」、1年後の命日以降に執り行うのが「式年祭」です。

五十日祭

五十日祭とは、故人がなくなってから50日目に行われる儀式のことで、仏教でいう四十九日法要にあたる儀式です。
五十日祭では、遺族や故人と親しい友人を集め、守護神となった故人を自宅の神棚や祖霊舎に丁重にお迎えします。

最近では、遺骨を墓に埋葬し、故人の名前や職名などを記した銘旗や花などを供える埋葬祭を五十日祭に合わせて行うことも増えているようです。

五十日祭を終えることで忌明けとなるため、遺族にとっては節目といえる儀式といっても良いでしょう。

式年祭

仏教における「一周忌」や「七回忌」などの年忌法要に当たる儀式が「式年祭」です。

故人が亡くなってから満1年目の「一年祭」および3年目の「三年祭」では、遺族のほか故人の友人や知人を招きます。

三年祭以降は、以下のように式年祭を執り行うのが一般的です。

  • 五年祭
  • 十年祭
  • 五十年祭

満50年目の「五十年祭」が式年祭の終わりにあたり、仏式葬儀で言う弔い上げとなります。

神式葬儀での香典、玉串料について

神式葬儀における香典は「玉串料」と呼ばれます。仏式葬儀とは似て異なるため注意が必要です。この項目では、玉串料に関する内容をまとめているので、神式葬儀に参列する際の参考にしてみてください。

玉串料の相場について

玉串料の費用相場は基本的に仏式と変わらず、故人との関係性によって包む金額が変動します。

香典袋についての選び方

神式の香典袋
白黒もしくは双銀の水引があるもの
表書き
御榊料(おさかきりょう)
御玉串料(おんたまぐしりょう)
御神前(ごしんぜん)

玉串料の香典袋は、白黒もしくは双銀の水引があるものを使用するのが一般的です。最近では、各宗教に合わせた仕様の香典袋も多く販売されています。

香典袋の表書きは、「御榊料」「御玉串料」「御神前」のいずれかを選択しましょう。宗派が分からない場合は宗派問わず記入できる「御霊前」(ごれいぜん)が最適だといえます。

神式葬儀での服装・持ち物について

服装や持ち物は、基本的に一般葬と同じですが、一部注意が必要な点もあります。 神式葬儀における服装は、仏式葬儀と同じで喪服を着用するのが一般的です。靴下や靴などは黒に統一し、女性の場合は肌の露出を避けた服装を選びます。

葬式における服装は別の記事にて詳しく紹介しているため、参考にご覧ください。

数珠は必要ない

数珠は仏教における仏具のひとつです。

僧侶が読んだお経の数や人間の煩悩の数を表すものとされているため、神式葬儀の場合は必要ありません。

神式葬儀について不安な方は、お気軽にティアへご相談ください

神式葬儀は日本古来の宗教である神道に則って、故人を迎えるための儀式です。仏教や他の宗教とは死生観や葬儀形態が異なるため、戸惑うことも多いかもしれません。神式葬儀は仏式葬儀とは全く異なるため、事前に神式葬儀ならではの儀式や作法・マナーを押さえておくと良いでしょう。

遺族側として神式葬儀を執り行う際は、神道の考え方を理解することで、一つひとつの儀式の流れも把握しやすくなるでしょう。

神式葬儀に関して少しでも不明な点がありましたら、お気軽にティアへご相談ください。専門スタッフが遺族側だけでなく、参列者の方も親身にサポートします。