今すぐ無料で相談 24時間365日受付 0120-549452
  • 葬儀場を探す
  • ティアでは、葬儀を行う地域に合わせたプランを用意しております。ご利用予定の地域をご選択ください。

湯かんの儀・納棺

葬儀の流れ「喪主・ご遺族の方」

葬儀の準備における「湯かんの儀・納棺」とは

葬儀を行う際には、会葬者と最期のお別れをするために、故人の身なりを整えて棺に納めます。「湯かん」と呼ばれるこの儀式の意味や内容、また納棺までの流れについて詳しく解説します。

1. 湯かんの儀とは?

湯かんの儀とは、葬儀の前に故人の体を整えて送り出す儀式のことを言います。湯かんの儀を行う職業を「湯かん師」または「納棺師」と言い、近年では映画化されたことでも話題になりました。
湯かんの意図は、外見を綺麗にするというだけではありません。生前、現世で抱いた悩みや煩悩といった感情を洗い流し、綺麗な状態で成仏できるようにという願いや、産湯に見立てて「無事、来世で生まれ変わることができるように」という思いが込められています。

2. 湯かんから納棺までの流れ

湯かんの準備

湯かんの儀を行う場合は、介護用の簡易浴槽を設置するか、清拭のどちらかとなります。
まずは布団に寝かされているご遺体の関節を曲げて、硬直をほぐします。肌を見せないよう布などで覆いながら衣服を脱がせ、入浴または清拭を行います。

着替え、お化粧などの身支度

全身を清めたあとは、必要に応じて髭や産毛を剃り、お化粧を施します。お顔にやつれなどがあるときは含み綿などを用いて、より生前の頃の面影に寄せて、安らかなお顔に整えることもあります。
そして死装束に着替えをし、棺に納めます。棺には旅支度の品以外にも故人の愛用品などを入れることができます。

病院で亡くなったときのエンゼルケアとの違い

病院でお亡くなりになった場合、看護師がご遺体の一時的なケアをしてくれることもあります。これを「エンゼルケア」と言い、医療器具の取り外しや、それに伴う傷などの処置、体の清拭などが主な内容となります。
ただしエンゼルケアに厳密な決まりはなく、病院によっては死化粧まで施してくれるところもあるようです。特にエンゼルケアに力を入れている病院では「エンゼルケア代」として治療費にプラスされることもありますので、確認が必要です。
入念なエンゼルケアで、湯かんが必要無いほどに故人の身なりを整えてもらえることもありますが、宗教的儀式の意味合いで湯かんを希望されるご遺族も多く見受けられます。

ティアの場合
ティアでは、専門の湯かん師によって湯かんの儀・納棺をさせていただいております。大切な儀式ですので、ご遺族にはできるだけご同席をお願いしております。

また、死装束は白い着物に限らず、ご生前に故人が気に入っておられた洋服を着せてお送りすることもできます。

3. 棺の中に入れる副葬品

ご遺族が故人の棺の中に入れるものを「副葬品」と言います。「故人があの世でも楽しく過ごせるように」という思いから、故人の愛用品や生前好きだった食べ物などを入れるのが一般的です。
ただし、棺に入れることができるのは、火葬で一緒に燃やせるものである必要があります。副葬品に適さない物を入れてしまうと火葬時間が長引いたり、不完全燃焼を招く原因になってしまうため断られてしまう場合も。
そのような事態にならないよう、事前に副葬品として入れられないものを確認しておくことが大切です。

副葬品として入れられないもの

火葬場や地域によって異なりますが、棺に入れられないものには以下のものがあります。

  • 不燃物(金属、陶磁器、ビン、ガラスなど)
  • 燃えにくいもの(厚い本や布団、大きなぬいぐるみ、水分の多い果物など)
  • 破裂や爆発の恐れがあるもの(スプレー缶、ライター、電池、ペースメーカーなど)
  • 故障の原因になるもの(ゴルフクラブやラケット、テニスなどのカーボン製品)
  • 公害の原因になるもの(ビニール製品、化学合成繊維製品など)
  • お骨を汚す恐れのあるもの(プラスチック製品、ゴム製品など)

この他に、生きている方と一緒に写っている写真は縁起が良くないと避けられています。また、毛皮や革製品を入れると来世は獣として生まれるといった迷信も。副葬品で何か不安があるときはいつでもご相談ください。