今すぐ無料で相談 24時間365日受付 0120-549452
  • 葬儀場を探す
  • ティアでは、葬儀を行う地域に合わせたプランを用意しております。ご利用予定の地域をご選択ください。

火葬

葬儀の流れ「喪主・ご遺族の方」

火葬の流れと火葬場への持ち物

火葬に立ちあった経験があっても、喪主の立場となれば役割も異なります。初めての経験で流れがわからず、戸惑ってしまうということにもなりかねません。
そんな時、事前にどのように振る舞うのかを知っておくことで不安は少なくなります。こちらでは、出棺から火葬までの流れをみていきましょう。

1. 出棺から火葬場へ持っていくもの

葬儀・告別式が終わり、故人との最後のお別れのあとは火葬場へと移動します。その際に火葬場に持っていくものを準備します。貴重品などは肌身離さないようにしておくのはもちろんのこと、当日までに購入や手配をしておく必要があるものは事前準備を忘れずに。

火葬許可証

忘れてはならないのがこの「火葬許可証」です。この許可証がないと火葬ができません。葬儀社に預かってもらえる場合は、万が一を考え管理をまかせるようにするのがおすすめです。書類の名称は発行する自治体によって異なります。

茶菓・食事

火葬している間の1時間~2時間程、控室での待機となります。待機中には、同行者をもてなすためにお茶やお菓子を用意するのがマナー。一方で、火葬場によりお茶とお菓子を用意してくれる場所もあるので、事前に問い合わせておくと安心です。食事を振る舞う場合もあります。

骨箱、骨壺

骨箱や骨壺など、お骨を納める箱は葬儀社が用意してくれる場合と、そうでない場合があります。葬儀社に確認するようにし、自分たちで準備する場合は出棺の際に忘れないようにしましょう。

2. 火葬の運び

出棺のあとは火葬場へと移動。一般的に、火葬場にはご遺族や近親者、ごく親しい間柄のご友人が同行します。火葬場へは、故人と喪主、葬儀社のスタッフを乗せた霊柩車を先頭に、それに続いてご遺族はマイクロバスなどの車両に乗って向かいます。

火葬場に到着したら

まず、「火葬許可証」を火葬場のスタッフに渡します。葬儀社に依頼している場合は、葬儀社が死亡届の提出から火葬許可証の受け取り、火葬許可書の提出までを代行するケースが一般的でしょう。

火葬前の儀式

ご遺体を火葬炉に納める前に、炉の前で「納めの儀」というお別れの式を行います。
宗教者がお経を読み上げて焼香をし、最初に喪主、続いてご遺族、ご親族、ご友人の順に焼香と合掌をします。ご遺族のみで行う場合もあります。

火葬

納めの儀が終わったら、そのまま棺は火葬炉へ運ばれていきます。通常火葬が終わるまでの時間は1時間~2時間ほど。火葬に立ち合う方々は火葬場の待合所に移動します。喪主やご遺族は宗教者や参列者をお茶やお菓子でもてなしながら、静かに火葬が終わるのを待ちます。

収骨

火葬後は炉の前に戻り、遺骨を骨壺に入れる「収骨」を行います。収骨とは、遺族や近親者で骨上げをすることを言います。遺骨を拾い上げる際、基本的には歯を納め、その後足から頭へと順番に拾い上げます。最後には、故人と最も深い縁を持つ方が喉仏を納めます。