今すぐ無料で相談 24時間365日受付 0120-549452
  • 葬儀場を探す
  • ティアでは、葬儀を行う地域に合わせたプランを用意しております。ご利用予定の地域をご選択ください。

初七日法要・精進落し料理

葬儀の流れ「喪主・ご遺族の方」

初七日法要と精進落しの意味とマナーとは

火葬が終わると遺骨や位牌をご自宅に安置し、葬儀は終わりとなります。その後、故人がお亡くなりになってから7日目に再び親族が集まり、初七日法要を行うのが古くからの流れとなっております。
しかし近年では、遠方から再度親族が集まることへの負担を考慮し、火葬が終わってからすぐに初七日法要を行う流れが主流となってきています。そして法要のあとには、精進落し料理で宗教者や参列者をもてなします。

1. 初七日法要を行う理由とは?

初七日とは、文字通り故人が亡くなった日から数えて7日目に行う法要のこと。近年では「しょなのか」と呼ばれることが増えましたが、正式には「しょなぬか」と呼びます。
仏教の世界では、亡くなって49日間は、7日毎に計7回、極楽浄土で行けるかどうかの判決がくだされると考えられています。つまりその間、魂は成仏することなく彷徨っているため、初七日には故人のために法要を行い、極楽に行けるよう成仏を願うのです。故人だけでなく故人を想う遺族にとっても、意味のある法要と言えます。

繰り上げ初七日法要

繰り上げ初七日法要とは、初七日法要を葬儀の日に繰り上げて一緒に執り行うことを言います。火葬後再度葬儀場に戻り、初七日法要に移ります。今の時代、本来の初七日の日に親族全員が集まることが難しいことから、多くの人が法要に参加できるよう、葬儀の日に行うことが増えてきています。

繰り込み初七日法要

また、葬儀の式中に初七日を行う繰り込み初七日法要もあります。火葬後に行う繰り上げ初七日と異なり、告別式後、初七日法要のお経が読まれます。繰り上げ法要よりもさらにスケジュール調整が難しい場合などに選ばれますが、近年は繰り上げ初七日法要、繰り込み初七日法要ともに一般化しつつあります。

2. 精進落しとは?

精進落しとは、初七日法要のあとに料理を振る舞い、宗教者や参列者をもてなすことを言います。
古くは、49日目の忌明けまで魚や肉などの生臭物を絶ち、精進料理を食べていた遺族たちが、通常の食事を食し日常生活に戻ることを言いました。
しかし近年では、初七日法要のあとに昔ながらの精進料理ではなく、魚や肉の入った会席料理(精進落し料理)を振る舞います。そして宗教者や参列者、世話役など、葬儀でお世話になった方々をもてなす意味合いがあります。

精進落しの準備

まずは初七日法要・精進落しをいつ行うのかを決めてから、場所を選びます。葬儀会館で葬儀を行う場合は、その会館で行うことが多いですが、故人が好きだったお店や料亭なども選ばれています。繰り上げ初七日法要や繰り込み初七日法要の場合は、火葬を待つ間など葬儀場で行うこともあります。日程と場所が決まったら、出席者を確認します。特に宗教者の予定は早めに確認しておきましょう。宗教者が出席できない場合はお膳料を包み、出席していただける場合はお車代を渡すなどの配慮を忘れないようにしましょう。
精進落しの料理ですが、近年は魚や肉など華やかな料理を選ぶことも多いようです。ただしお祝いごとのような縁起物(鯛など)は避けましょう。料理の量は、人数が多少前後しても対応できるよう、余裕を持って頼んでおきます。また宗派によっては旅立つ故人のために「 陰膳 かげぜん 」を用意することもあります。

精進落しでの振る舞い方

お世話になった方をもてなす席である精進落しでは、喪主遺族は下座に座り、最上座には宗教者に座っていただきます。葬儀と一緒に行う場合は、さまざまな準備で疲れているかとは思いますが、感謝の気持ちをもって精一杯おもてなしの心で接しましょう。
遺族はお酌をしながらすべての席を回ります。葬儀のお礼や故人との思い出話などをしながら、和やかな食事の席にします。

通夜振る舞いとの違い

葬儀の会食と言えば、お通夜のあとに行う「通夜振る舞い」があります。どちらも参列者をもてなす会食ですが、大きな違いは、精進落しのほうがゆっくり落ち着いて会食するところでしょう。オードブルなど取り分けやすい大皿で提供されることが多い通夜振る舞いでは、口をつけるだけで退席することが参列者のマナーでもあります。
それに対し、基本的に精進落しには退席者はいません。一人一膳の料理を用意し、最後まで和やかに歓談することで親睦を深め、感謝の意を伝えます。