今すぐ無料で相談 24時間365日受付 0120-549452
  • 葬儀場を探す
  • ティアでは、葬儀を行う地域に合わせたプランを用意しております。ご利用予定の地域をご選択ください。

お通夜

葬儀の流れ「喪主・ご遺族の方」

仏式「お通夜」の流れと通夜振る舞いについて

故人との最後の夜をゆっくり過ごすお通夜。近年は生活様式の変化により、告別式に会葬できない方が故人とお別れする半通夜の形式が一般的となりました。
喪主としてお通夜や葬儀を行うことは、誰もが何度も経験することではありません。突然のことに戸惑うことがないよう、お通夜の流れを押さえておきましょう。

1. お通夜の儀式とは

一般的に葬儀は2日間にわたって行われる儀式です。その1日目に当たるのがお通夜。家族や親族、故人に縁のあった人たちが集まって、最後の夜を故人と一緒に過ごすことを言います。そもそもお通夜は、線香やろうそくの火を絶やさず、夜通し故人を見守る儀式でした。親族をはじめ故人とゆかりの深い人が集まり、別れを惜しみながら冥福を祈ります。
しかし近年では、弔問客が参加しやすいよう、夕方18時〜19時頃から2時間ほどの「半通夜」が行われることがほとんどです。

ティアの場合
受付や参列者の接待など、どのようにしたら良いかは、事前にアドバイスさせていただきますのでご安心ください。

お通夜の運び

葬儀会場でお通夜を行う場合は、葬儀社が会場の設営を行います。喪主をはじめとする遺族は、供花や供物、席次、焼香の順番を確認し、受付をお願いする人との打ち合わせ、宗教者への挨拶、礼状や返礼品の確認などの準備を行います。分からないことがある場合は、都度葬儀社に相談しましょう。

仏式の一般的なお通夜の流れは以下のとおりです。

  1. 受付
    受付では、弔問客に挨拶をし、名前を確認。そして香典を受け取り、返礼品をお渡しします。非常に重要な役割ですが、家族や親族は準備で慌ただしいため、故人から少し遠い親戚や、町会・会社の方、故人のご友人の方などにお願いすることが多いでしょう。
  2. お通夜の進行
    お通夜の席は一般的に祭壇側が上座となります。よって席順は、一般的に祭壇に向かって右側の最前列の一番内側に喪主が座ります。続いて遺族、親族と並びます。そして左側は一般席となり、世話役の代表、葬儀委員長などが上座に、次いで友人知人が並びます。
    一同が着席したら宗教者が入場しお通夜が始まります。まずは30分ほど読経があり、その後に焼香を行います。焼香にも順番があり、喪主を筆頭に遺族・近親者・一般弔問客と続きます。
  3. 法話や説教
    焼香の後、宗教者から法話や説教があることも。心穏やかに、静かに耳を傾けましょう。
  4. 喪主挨拶
    お通夜での喪主の挨拶はない場合もありますが、挨拶がある場合は宗教者の退席後、最後に行います。弔問へのお礼や、故人の生前の付き合いや御見舞へのお礼、そして翌日の告別式や通夜振る舞いの案内も行いましょう。
  5. 通夜振る舞い
    お通夜の儀式が終了後、通夜振る舞いへと移ります。

2. 通夜振る舞いとは?

通夜振る舞いとは、お通夜の儀式のあとに喪家が弔問客をもてなすことを言います。弔問への感謝の想いを伝え、思い出を語り合いながら故人を偲ぶだけでなく、「故人との最後の食事を共にしてもらう」といった意味合いもあります。

通夜振る舞いの料理

ひと昔前まで肉や魚は避けられ、精進料理が選ばれていましたが、近年では刺身や寿司などを選ぶこともあります。故人が好きだった料理を選び、食しながら故人を偲ぶことも。
弔問客の人数の予測が立たない場合は、サンドイッチやオードブルなどの大皿料理にすることもあります。その場合は、老若男女問わず食べやすいものにすると良いでしょう。
また、お酒には仏教で言う「穢れ」を清める意味もあるため、お清めとしてビールや日本酒などのお酒類も必ず用意します。車の運転手や子どものために、ジュースや烏龍茶なども準備しておきましょう。

通夜振る舞いには誰を呼ぶ?

通夜振る舞いに誰を呼ぶのかは、遺族の意向によりさまざまです。できるだけ多くの人に参加してもらいたいという場合もあれば、家族や親族のみの少人数で行う場合も。
地域の慣習もあるので、分からない場合は葬儀社や親族の年配者などに相談して決めると良いでしょう。