ティア サステナビリティサイト サステナビリティサイト

働きやすい職場づくり

基本的な考え方

質の高いサービスを提供し続けるためには、人財の定着が不可欠と考えます。当社では、従業員の多様性を尊重し、適切な評価体系を構築することで、全ての従業員がやりがいをもって働き続けることができる職場づくりに取り組んでいます。職場の労働安全衛生の観点では、生命の安全と同時に「精神的にも安心して働く」ことも重要であると認識しており、心理的安全性の向上のためにメンタルヘルスケアも実践しています。

みんなのシン・ティアプロジェクト

従来の一人の担当スタッフが時間をかけて業務を行う属人的な働き方をイチから見直すことで、従業員一人ひとりのライフステージに応じた幅広い働き方を提案しています。それぞれのキャリアを途絶えさせることなく、当社に定着してもらうことを目指して、改革を進めています。
その一環で、従業員のワーク・ライフ・バランスと多様な働き方の実現を目指す人事制度改革プロジェクト「みんなのシン・ティアプロジェクト」(以下、みんティアPJ)を2022年に発足しました。このプロジェクトは、現在の従業員と、今後加わる新たなティア従業員のすべてが、ずっと働きたいと思える「シン・ティア」を創ることを目的とした全社横断のプロジェクトです。
みんティアPJを中心に、等級制度・評価制度・報酬制度の観点から人事制度の見直しを進めています。また個人の要望に沿ったキャリアチェンジ、キャリアアップに挑戦できる制度の取り入れも検討しています。

セレモニーディレクター業務負荷軽減

みんティアPJでは現在、セレモニーディレクター業務を中心とした現場業務の改善に注力しています。

セレモニーディレクター業務を中心とした現場業務の見直し

セレモニーディレクター業務を中心とした現場業務の見直し

改善後、業務負荷軽減を目的として、パートナーシップ制という新たな業務体制のテストモデルを構築し、一部エリアでテスト展開しています。業務負荷軽減による、セレモニーディレクターの業務へのモチベーションアップや、ワーク・ライフ・バランスを図れる業務体系を追求していきます。また、お客様に対しては、業務体制の改善が満足度の向上につながっているか検証し、サービスの質向上にむけ、多様化する葬儀ニーズに対応した新しい葬儀施行オペレーションの枠組み構築に取り組んでいきます。

主な取り組み

長期休業収入サポート制度
(GLTD保険)

当社では従業員※1が安心して働ける環境の整備を目的とし、2020年1月よりGLTD(団体長期障害所得補償保険)制度を導入しました。この制度は、当社社員が病気やケガにより長期療養をしなくてはならなくなった場合に収入の一部が補償されます。社員の任意加入で上乗せ補償も可能となっており、収入の心配を減らし療養に専念する環境を整えていきます。すべての社員が安心して働ける環境づくりの一環として、今後も継続的に運用していきます。

  • ※1正社員のみ対象。
任意加入者数

154

(任意加入率:43.2%)(2023年2月時点)

メンタルヘルスケアへの取り組み

心の不調は現代日本の大きな問題ともなっており、主な離職原因のひとつとして考えられています。当社においても、弔いの場に携わるセレモニーディレクターだけでなく、その他の従業員についても心の健康を保つことができるよう、メンタルヘルスケアに取り組んでいます。
当社では労働安全法に基づき、毎年ストレスチェックを任意で実施しており、2022年9月期は624名を対象に、440名から回答(回答率71.8%)を得て、職場環境の改善につなげています。支配人をはじめとする現場の管理者に対するラインケア研修も行い、部下の心の不調に対して適切に対応できるように指導しています。ご遺族のグリーフ(悲嘆)をケアするための「グリーフサポート」研修では、ご遺族だけでなく、従業員自身の心のケアも重要であることを伝えています。
今後も、ストレスチェックを継続的に実施しながら、全社の従業員のストレス状況の把握と、働きやすい環境づくりに努めてまいります。また、メンタルケアに関する研修は内容を見直しながら実施し、より多くの従業員に対して、適切なメンタルケアができるように取り組んでいきます。

メンタルヘルスケアへの取り組み